陸上では体験できないダイビングの魅力

陸上では体験できないダイビングの魅力

陸上では体験できないダイビングの魅力

ダイビングを趣味として続ける人は数多くいます。
著名な芸能人にもダイバーは多く、特に女性には人気のレジャーです。
スポーツのカテゴリーに入りがちですが、スポーツの要素より観光の要素が強く、非日常世界でリフレッシュすることができるレジャーです。
大気の無い海中で安全に景観や海中生物の生態を楽しむためのスキルを習得する必要がありますが、ダイビング中はエア消費を抑えるために運動量を最小限に行うためです。
海中映像は動画やTVなどで紹介され誰もが身近に見ることができます、画面越しに見る光景を直接自分の目で見れば、多くの人が美しさに驚き惹かれます。
最大の魅力です。
陸上の景観と違い、魚たちが宙を舞う青の世界が広がっています。
巨大な飛行機のような数メートルもある大きな魚が頭上を優雅に舞い、サンゴの合間からカラフルな魚たちが顔を出しています。
壁のような魚の群れに驚き、陸上生物では見られない生物がいます。
また、浮遊感やマッサージ感などの心地良さを楽しむダイバーも数多くいます。
足が海底に届かない海中で姿勢を保持したまま体を動かさずに漂っていると、適度な水圧と宇宙遊泳しているような浮遊感を楽しむ事ができます。
上下・前後・左右と立体的に広がる透明度の高い青の世界に身を置いていると、日常を忘れ心が洗われます。

ダイビングの様子をブログで公開

ダイビングはマリンスポーツの中でも特に人気が高いです。
楽しんでいる動画をブログで公開する人も増えてきました。
その動画を見ると、まるで自分がダイビングしているような気分になれるでしょう。
澄み切った海の様子を眺めたり、優雅に泳ぐ魚たちを鑑賞できるので心が癒されます。
珍しい種類のサンゴを見られることもあり、非日常的な気分を味わえるでしょう。
それを見て、自分も始めたいと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし趣味として開始するには、敷居が高い場合もあります。
まずイニシャルコストが大きい問題があります。
泳げるという理由で、簡単だと思っている人も少なくありませんが、泳げるだけでは不十分なのです。
必要な知識を学んだりスキルを身につけたりするための講習を受けなければなりません。
ライセンスを得るまでに講習代として数万円の出費があります。
また本格的に始めるのであれば、機材を購入しなければなりません。
セットを全て購入するなら数十万円が必要になるでしょう。
慣れるまでは、レンタルのセットを活用する人も少なくありません。
ダイビングの様子をブログで公開できるような腕になるまでは、レンタル品を使って節約するのも一つの手です。

recommend

小宮生也が紹介する日本の魅力とプロフィール

小宮生也の日本応援日記

Copyright © 2016 海から世界を見てみよう all rights reserved.